以前からPTAの活動を効率化する上でも学校のホームページから辿れる、PTA等保護者の活動を掲示できるホームページを持つべきと書いてきました。実際に多くのPTA、保護者会がホームページを利用してその活動報告を実施されています。ホームページですので、作り方、報告の方法にはそれぞれ特色があり、改めて見比べてみるとかなり興味深いものです。

誠に勝手ながら、特徴的なPTAのホームページを、あくまでも主観でまとめてみました。あまり他校のPTA活動報告を見る機会も無いと思いますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。一応「リンクお断り」が無いことをチェックしたつもりですが、ご覧になって万一不都合があればお知らせください。早急に修正させていただきます。

ピックアップ時の主な視点は以下のとおりです。

・検索上位校

・学校のホームページとの一体感と辿り易さ

・内容の特徴、傾向

・役員個人名の掲載の有無

 

スポンサードリンク

 

PTAホームページのスタンダード

世田谷区立上北沢小学校PTA

学校ホームページからPTAのページへの辿り易さは文句なし。活動報告は運営委員会の議事録のみでPDFファイルを参照する形態。議事録はとても丁寧に書かれており読みやすい。写真を多く掲載するPTAがある中では地味な印象もあるが運営する方の手間を考えると適切なレベルの活動報告と思われます。PTA会員の方がどの程度ご覧になっているのか少し心配ですが、活動報告の義務は果たされていると考えます。昨年の委員会報告には役員と思われる方の個人名が掲載されていますが、今年度の委員会報告では会長以外の方のお名前は伏せられているようです。

理想的なPTAホームページ

つくば市立竹園東小学校PTA

まず何よりも学校のホームページがしっかりと作られています。ページトップに「ホームページ作成に関するポリシー」を掲げている学校は他に見当たりません。さすが学園都市、とでも言いましょうか。日本教育工学協会(JAET)認定「学校情報化優良校」にも指定されています。

学校と同じ運用方式かどうかは不明ですが、PTAのページも同様に見やすく明るい印象で作成されています。投稿形式の活動報告とは別に、規約、議事録、連絡のページがそれぞれ提供されている上に会員向けのパスワード付きページも利用されています。

また、議事録は要約版テキストをページ内で参照可能としたうえ、詳細はPDFファイルで提供されており、見る側の興味のレベルに応じるか形態となっています。役員のお名前は伏せられているようです。

個人情報保護に注力されているのが良くわかります。年間運用コストが気になって仕方無いくらいよく出来たホームページです。

PTAホームページのマジョリティ

神奈川県立寒川高等学校PTA

PTAがホームページを持つ場合に、もっとも多いと思われる形態のホームページです。

学校のホームページ自体に”とりあえず感”が漂い、PTAもこれに倣った作りとなっており、ほぼ間違いなくメインメニューが縦に並び、その最下部にPTAのページへのリンクが存在します。内容は年間予定カレンダーが貼り付けられている程度で、誰に向けて何を発信したいのか一切不明です。

会長に着いて行きます!!

福岡県立北筑高等学校PTA

今回、調査した中で最もインパクトのあったPTAホームページです。PTA会長の熱量が半端なく伝わってきます。個人情報保護問題もドンと来いって感じです。こんな会長に優秀な腹心が一人でもいれば、きっと良いPTAホームページができるのだと思います。活発に活動されていることが想像できる分だけ、発信されていないのがもったいないと感じてしまいますね。

属人化したPTAホームページ

岩手県立宮古工業高等学校PTA

学校自体のホームページはやや古い作りで構成されていますが、ツイッターでの発信を含め、毎日更新されているようです。一方、PTAの活動報告は写真を伴った活動報告が投稿された痕跡が見られます。推測に過ぎませんが、特定の方の気分・努力によって投稿されたものを思われ、最新投稿は10ヶ月ほど前で止まっています。学校のホームページ運営との温度差が感じられます。

廃墟と化したPTAホームページ

新座市立第六小学校PTA

一刻も早く閉鎖することをお勧めします。学校のホームページの隅からリンクしていますが、学校のページとPTAのページの作りが違い過ぎて、違和感しか感じません。PTA会長の挨拶文を始め年間予定表も5年も前のものが掲載されたままで、訪れた方にネガティブな印象を与えること間違いなしです。やはり特定の方のご尽力で開設したPTAホームページなのでしょうが、せめてその方が退任した際に閉鎖すべきだったと思わざるを得ません。学校側からリンクを切られないのが不思議です。

 

 

今回は特徴的なPTAホームページを勝手にまとめてコメントさせていただきました。

ご自分の所属するPTA、保護者会のホームページと似たような事例はありましたか?ホームページを使った情報発信には、手間とコスト、そして継続性をどの様に評価、判断すべきか、難しい問題が伴います。無理の無い範囲で最適解を見つけられることを願っています。

そして、ホームページの作成・運営を業者に依頼している場合には、業者の変更も視野に入れて再検討されることをお勧めします。技術はどんどん進歩しています。より見易い、美しいページが、とても安価に作れる様になっています。普段見ている色んなお店のホームページと比べて、もし古臭い感じの作りになっていると感じるようなら、間違いなく業者があぐらをかいているはずです。

 

スポンサードリンク